Rot

最も簡単な暗号の一つ。

パラメータn (整数)に対し、Rot nでの暗号化とは、各文字をアルファベットのテーブルのn文字先の文字に置き換えること。逆にデコードはn文字前の文字に置き換えます。

つまりRot 3での暗号化とはAをDに、BをEに・・と置き換えていくことで、最後Zの次はまたAに戻って、XをAに、YをBに、ZをCに置き換えることです。

いわゆる単換字暗号です。なかでもROT 13は特別で、この場合は暗号化とは復号化が同じ文字対応

A->N, B->O, C->P…

で行われます。(13文字進める変換と13文字戻る変換は同じ。) つまり、対象性のある変換です。

ROT n での暗号化はn進める、復号化はn戻るですが、進める/戻る変換自体をROT n と呼んで、ROT nで暗号化、ROT -nで復号化のように言ったりもします。

通常のアルファベットテーブル以外を使った拡張も簡単に考えられるためしばしば使われます。

例えばCIPHERABDFGJKNOQSTUVWXYZというテーブル(CIPHERをキーとして作ったkeyed table)を使用してのROT 2とは A->D, B->F, C->P という変換となり、こういった変換をKeyed ROTと言ったりします。また、アルファベットに数字を加えた36文字のテーブルなどのより広いテーブルでのROTを考えることもあります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中